Close

ビデオメッセージの予算は少なくても大丈夫!?

ビデオメッセージにかけることのできる予算は、どれぐらいでしょうか?かけられる予算によって、ビデオメッセージの仕上がりがかなり違ってきます。予算がたくさんある場合は、映像を豪華にすることができますが、予算が少ないとできることが限られてきます。ビデオメッセージの仕上がりは、予算しだいと言えるでしょう。

少ない予算でビデオ制作

予算が少ない場合、予算内でなんとかやり繰りしてビデオ制作をすることになります。結婚披露宴のビデオメッセージを制作する場合、新郎新婦ができるだけ自分達で工夫することで予算をおさえることが可能です。ビデオ制作会社に依頼する部分が多くなればなるほど、料金は高くなります。できることは二人でやるようにすると、費用をおさえることができます。

基本料金はいくら?

結婚披露宴のビデオメッセージの基本料金が、定められているビデオ制作会社があります。基本料金以内でビデオの制作を行えば、費用を安くおさえることができるでしょう。基本料金以上のクオリティを望む場合は、オプションを付けることになります。いくら基本料金が安くても、オプションを付けすぎると価格が上がってしまいますから気をつけてください。

十分な予算で豪華なビデオ制作

予算が十分にある場合は、豪華なビデオを制作することができます。歌手が作るプロモーションビデオのような仕上がりにするには、100万円以上かかる場合があります。結婚披露宴で凝った映像を見た後で、新郎新婦にビデオメッセージの制作にかかった費用を聞くと驚くことがあります。結婚披露宴のビデオメッセージを見た後で、招待客が喜んで帰ってもらえるのであればいくらかけても惜しくないという考え方もあるでしょう。

予算に上限なし?

結婚披露宴のビデオメッセージ制作の予算の上限は、あってないようなものです。新郎新婦がビデオの仕上がりに満足できるのであれば、予算が多かろうと少なかろうと不満はないはずです。ビデオ制作会社は、言われた予算内でビデオメッセージの内容を考えます。予算が十分にあれば、いろんなアイデアを出してくるでしょう。いくらでも派手なビデオづくりをすることができます。

まとめ

ビデオメッセージの予算は、どのような内容のビデオメッセージを作りたいかによって違ってきます。歌手が作るプロモーションビデオのような豪華な内容にしたい場合は、費用がかかります。予算をおさえたい場合は、できるだけ新郎新婦自身が手づくりすることで負担を減らせます。ビデオ制作会社に依頼する際に予算を話すと、予算以内で見積もりを出してきますから上手に交渉してください。