アントシアニンが眼精疲労に良いと言われている理由

アントシアニンとは天然色素のひとつです。黒みがかった、青紫色の色素ですので、なすびやブルーベリー、大豆などに穂ふうに含まれています。他の天然色素同様、非常に強い抗酸化力も持っているため、健康に対しても良い影響がある成分として知られています。そしてアントシアニンならではの特徴と言えば、眼精疲労の緩和に効果が期待できると言う点です。アントシアニンが眼精疲労に良いとされている理由は、以下の通りです。私たちが目で物を視る時には、非常に複雑な機能が働いています。具体的に言うと、まず目に入ってきた光が網膜と言う部分にあたります。すると網膜にあるロドプシンと呼ばれる成分が光に反応して分解されます。ロドプシンが分解されると電気信号が脳に伝わり、脳は目が視えると感じます。そこで初めて私たちは目で物を視ると言うことを行えていると言うわけです。さて、この際に大きな役割を果たしているロドプシンは分解されると再合成されます。しかし目を酷使していたり、あるいは年齢を重ねていくと、再合成されるまでに至る時間が長くなっていきます。そうなると物が視えていると言う信号を脳に出す物質が不足しているわけですから、当然、物を視ることに対して支障が発生しやすくなります。これがロドプシンの不足や、その再合成の遅さによった発生してる眼精疲労の正体です。ですからこれを解決するためには、ロドプシンの再合成を助けるような働きを持った成分を摂取する必要があります。そしてその成分のひとつとして、アントシアニンが挙げられます。アントシアニンが眼精疲労に良いと言われているのはこうした理由のためですが、実はこれ以外にももうひとつ、理由があります。それが先で説明した通り、アントシアニンの強い抗酸化力です。抗酸化力とは、紫外線を浴びることやストレスなどによって発生する活性酸素に対抗する力のことです。活性酸素は量が増え過ぎると細胞を傷つけ、機能低下を引き起こします。ですから目で活性酸素が増加すれば、それは眼精疲労の原因のひとつにもなり得ます。アントシアニンは抗酸化力によってこの原因にも働きかけるため、眼精疲労改善が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です