40代必見!目の老化は始まっている:老眼になりやすい人って?

老眼は白髪と同じで、誰にでも訪れる症状です。特に40歳を過ぎると現れる方が増えてきます。症状としては、突然近くのものが見えにくくなったり、近くから遠くや遠くから近くを見る時にピントが合いにくい、小さな文字が離すと見えやすくなる、暗い所で文字が見えにくくなる、などの症状が現れ始めます。これは加齢とともにおこる現象なので、人それぞれ時期は違いますが必ず訪れるものです。特に老眼になりやすい人、という明確なものはありませんが、普段からパソコンを長時間使用したり細かい作業をする方は早くに老眼に気がつくことが多いです。また、近年では携帯の使用やパソコンの使用率が高まり、若い年代でも老眼の傾向が見られます。その為、普段から細かい作業やパソコンを見るなど、眼を駆使している方は老眼があらわれやすいと言えます。文字が見えにくく、ピントが合わなくなる原因としては、眼の水晶体の衰えにあります。眼の水晶体は厚みを調節することでピントを合わせて無意識のうちに遠くや近くにピントを合わせています。しかし、加齢とともに水晶体が硬化してピントが合わせにくくなります。この症状が多くの方に現れるのが40代です。眼の老化を少しでも遅らせる為には、普段の生活の中で眼を酷使することを避けることが大切です。毎日眼を酷使している方は眼の老化が少しずつ進んでいます。また、紫外線はお肌を老化させると同じように眼も老化させます。外にでる機会が多い方は帽子やサングラスをかけるなどして、紫外線を防止することができます。日々の食生活ではからだの細胞を老化させる活性酸素を増やさない為にも、抗酸化成分が多い食物を摂取してからだの細胞をサビさせないことが大切です。またサプリメントを利用することもできます。老眼は誰にでもおこる現象ですが、大切な眼の健康を守る為にも、規則正しい生活、食生活、睡眠をしっかりととることで眼の健康を守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です