老眼と遠視の違い

老眼は老視とも言いますが、歳とともに体力が衰えて、視力も衰えることから起こるのですが、近くにものを見るときにピントが合わせられなくなり、本を読もうとしても字がぼやけたリ、二重になったり、かすんだりという現象が起きることを指しています。人によって、いくつになったら起きるかということは違っていますが、一般的には40歳くらいをなって、前述のような現象が起きたら、眼医者さんに行くことをおすすめします。おそらく、「お歳のせいですよ」と言われ、眼鏡を掛けることをすすめられます。
そうすると今度は、本の文字が驚くほど鮮明になり、長い間読書をしても目が疲れないということでびっくりされると思います。視力を測定し、自分に合った眼鏡を着用すれば、新しい世界が広がるというものです。ただし、70歳くらいまでは度が進みますので、適当な間合いで眼鏡を作り直す必要はあります。
ところが、しばらくすると、近くを見るための眼鏡だったはずで、遠くを見るときは眼鏡を外してハスなのに、掛けたままの方が遠くも良く見えるという現象が起こることがあります。
そういう場合は、老眼に加えて、遠視という症状が出てきているという具合です。
老視と遠視の違いは目の働きの違いから来ています。
遠視は角膜のカーブが緩い、あるいは眼軸が小さいため網膜の奥のところに焦点ができて、ぼやけてしまうということです。老眼が調整異常から来るものであり、遠視は屈折異常から来るという点では大きな違いがあります。遠くが良く見える、近くも良く見えるという人で、目がいいんだという人に多く起き、こちらも歳とともに起こることがよくあります。
本質的には違うことから起きるのですが、同じ凸レンズで間に合うと言ったことから、簡便的に老眼鏡で間に合わせる人が多いのですが、本質が違うことを頭に入れて、専門家に見てもらい、それ用の遠近両用メガネなどを作るのが、適切なことなので、注意したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です