目の疲れ、眼精疲労特集!眼精疲労で吐き気が起きる理由

目の疲れ、眼精疲労は症状の出方が異なります。目の疲れの場合は、一時的に感じることが多く、精神面でイライラしたり、身体的に目の奥が痛んだり、頭痛が起きたりということはありません。一晩ゆっくりと寝たり、適宜、目を休めたりすることによって改善されます。
一方、眼精疲労の場合は、目の疲れより一歩進んだ症状となるため、重いことが多いです。
目の奥が痛い、吐き気がする、肩こりや首コリがひどい、イライラする、不眠といったことが起こります。このような場合は、目を休めただけでは改善しません。根本的に生活を見直す必要があります。
なお、目の疲れを感じた時対処しないと、眼精疲労に移行してしまうことがあります。目の疲れを感じている時に適切に目を休めるようにします。
目の疲れ、眼精疲労で起こることが多いのが吐き気です。眼精疲労で吐き気が起こる原因としては、ストレスが関係しています。パソコンでの作業は、肩こりを伴うため、ストレスではなく肉体的に疲れるイメージがありますが、実際には、失敗しないよう作業をするという、ストレスがかかっています。
また、仕事関係では人間関係や、仕事の進み具合で悩むことが多く、常に疲労感や不安感を抱いています。
ストレスを感じた場合、血流が悪くなるだけでなく、自律神経のバランスも崩れるので、不眠や吐き気、肩こりが起こり、ひどい場合は不整脈を起こすこともあります。
なお、目に合わない眼鏡やコンタクトレンズをした場合にも、目に負担をかけるため、吐き気を感じることがあります。
この他、目の病気が原因で吐き気を感じている場合もあります。
近視や乱視、斜視、乱視など、ピントを合わせなくては見れない場合、目の筋肉を使用するため、疲労がたまりやすく、眼精疲労が起きやすくなります。
さらに、緑内障や白内障、甲状腺眼症、眼瞼けいれんや、ブドウ膜炎や結膜炎といった炎症が起きている時も眼精疲労はひどくなることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です