目の疲れ、眼精疲労特集!眼精疲労で吐き気が起きる理由

目の疲れ、眼精疲労は症状の出方が異なります。目の疲れの場合は、一時的に感じることが多く、精神面でイライラしたり、身体的に目の奥が痛んだり、頭痛が起きたりということはありません。一晩ゆっくりと寝たり、適宜、目を休めたりすることによって改善されます。
一方、眼精疲労の場合は、目の疲れより一歩進んだ症状となるため、重いことが多いです。
目の奥が痛い、吐き気がする、肩こりや首コリがひどい、イライラする、不眠といったことが起こります。このような場合は、目を休めただけでは改善しません。根本的に生活を見直す必要があります。
なお、目の疲れを感じた時対処しないと、眼精疲労に移行してしまうことがあります。目の疲れを感じている時に適切に目を休めるようにします。
目の疲れ、眼精疲労で起こることが多いのが吐き気です。眼精疲労で吐き気が起こる原因としては、ストレスが関係しています。パソコンでの作業は、肩こりを伴うため、ストレスではなく肉体的に疲れるイメージがありますが、実際には、失敗しないよう作業をするという、ストレスがかかっています。
また、仕事関係では人間関係や、仕事の進み具合で悩むことが多く、常に疲労感や不安感を抱いています。
ストレスを感じた場合、血流が悪くなるだけでなく、自律神経のバランスも崩れるので、不眠や吐き気、肩こりが起こり、ひどい場合は不整脈を起こすこともあります。
なお、目に合わない眼鏡やコンタクトレンズをした場合にも、目に負担をかけるため、吐き気を感じることがあります。
この他、目の病気が原因で吐き気を感じている場合もあります。
近視や乱視、斜視、乱視など、ピントを合わせなくては見れない場合、目の筋肉を使用するため、疲労がたまりやすく、眼精疲労が起きやすくなります。
さらに、緑内障や白内障、甲状腺眼症、眼瞼けいれんや、ブドウ膜炎や結膜炎といった炎症が起きている時も眼精疲労はひどくなることがあります。

眼精疲労回復にはビルベリーサプリ

眼精疲労は生活を見直すことで、改善されていく症状です。
眼精疲労になると、頭痛や吐き気、めまい、肩こり、不眠、気持ちが落ち着かない、眼が乾くといった症状が起こります。目の疲れの場合、眼を少し休ませるだけでも、回復することが多いですが、眼精疲労の場合は、一歩進んだ状態であるので、眼を休めただけでは、回復するのが難しくなります。そのため、
パソコンの画面から目までの距離を40㎝以上あける、暗い部屋で字を見たりしない、眼を長時間使わず、1時間に10分程度は休める、背筋を伸ばし正しい姿勢になる、といったことを意識すると良いでしょう。
この他、ブルーベリーなど食品に含まれたもので眼精疲労に良いものを使用します。
ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれる成分が含まれています。アントシアニンは抗酸化力が強く、活性酵素を取り除くことができます。また、毛細血管を保護する働きもあるので、特に目の症状に効果があり、眼精疲労はもちろんのこと、視力の低下防止や白内障予防にも効果を示します。
近年、ブルーベリーにかわり、ビルベリーも注目されています。ビルベリーは、ブルーベリーに約2倍以上アントシアニンが含まれています。運転を長時間する人、目の疾患を予防したい人、パソコンやスマートフォンを良く使用する人は、ブルーべりーでなく、ビルベリーを検討しても良いでしょう。
ビルベリーを生のまま食べた場合、一日に20粒から30粒、、乾燥したものであれば、約10gほど必要になります。毎日継続して食べることが大切なので、食品から摂取できない場合は、ビルベリーサプリを利用しても良いでしょう。
ビルベリーのサプリを利用する場合は、ビルベリーがとれた産地やどこか、製法や、ビルベリーの品質を良く見るようにします。
なお、ビルベリーには、ビタミンAも含まれています。妊娠初期の場合、ビタミンAを過剰に摂取すると、ビタミンAの過剰症となるので、妊娠初期の場合は使用しないようにします。
スマートフォンをよく使う人の為のサプリサイトはこちら➡

老眼と遠視の違い

老眼は老視とも言いますが、歳とともに体力が衰えて、視力も衰えることから起こるのですが、近くにものを見るときにピントが合わせられなくなり、本を読もうとしても字がぼやけたリ、二重になったり、かすんだりという現象が起きることを指しています。人によって、いくつになったら起きるかということは違っていますが、一般的には40歳くらいをなって、前述のような現象が起きたら、眼医者さんに行くことをおすすめします。おそらく、「お歳のせいですよ」と言われ、眼鏡を掛けることをすすめられます。
そうすると今度は、本の文字が驚くほど鮮明になり、長い間読書をしても目が疲れないということでびっくりされると思います。視力を測定し、自分に合った眼鏡を着用すれば、新しい世界が広がるというものです。ただし、70歳くらいまでは度が進みますので、適当な間合いで眼鏡を作り直す必要はあります。
ところが、しばらくすると、近くを見るための眼鏡だったはずで、遠くを見るときは眼鏡を外してハスなのに、掛けたままの方が遠くも良く見えるという現象が起こることがあります。
そういう場合は、老眼に加えて、遠視という症状が出てきているという具合です。
老視と遠視の違いは目の働きの違いから来ています。
遠視は角膜のカーブが緩い、あるいは眼軸が小さいため網膜の奥のところに焦点ができて、ぼやけてしまうということです。老眼が調整異常から来るものであり、遠視は屈折異常から来るという点では大きな違いがあります。遠くが良く見える、近くも良く見えるという人で、目がいいんだという人に多く起き、こちらも歳とともに起こることがよくあります。
本質的には違うことから起きるのですが、同じ凸レンズで間に合うと言ったことから、簡便的に老眼鏡で間に合わせる人が多いのですが、本質が違うことを頭に入れて、専門家に見てもらい、それ用の遠近両用メガネなどを作るのが、適切なことなので、注意したいものです。

40代必見!目の老化は始まっている:老眼になりやすい人って?

老眼は白髪と同じで、誰にでも訪れる症状です。特に40歳を過ぎると現れる方が増えてきます。症状としては、突然近くのものが見えにくくなったり、近くから遠くや遠くから近くを見る時にピントが合いにくい、小さな文字が離すと見えやすくなる、暗い所で文字が見えにくくなる、などの症状が現れ始めます。これは加齢とともにおこる現象なので、人それぞれ時期は違いますが必ず訪れるものです。特に老眼になりやすい人、という明確なものはありませんが、普段からパソコンを長時間使用したり細かい作業をする方は早くに老眼に気がつくことが多いです。また、近年では携帯の使用やパソコンの使用率が高まり、若い年代でも老眼の傾向が見られます。その為、普段から細かい作業やパソコンを見るなど、眼を駆使している方は老眼があらわれやすいと言えます。文字が見えにくく、ピントが合わなくなる原因としては、眼の水晶体の衰えにあります。眼の水晶体は厚みを調節することでピントを合わせて無意識のうちに遠くや近くにピントを合わせています。しかし、加齢とともに水晶体が硬化してピントが合わせにくくなります。この症状が多くの方に現れるのが40代です。眼の老化を少しでも遅らせる為には、普段の生活の中で眼を酷使することを避けることが大切です。毎日眼を酷使している方は眼の老化が少しずつ進んでいます。また、紫外線はお肌を老化させると同じように眼も老化させます。外にでる機会が多い方は帽子やサングラスをかけるなどして、紫外線を防止することができます。日々の食生活ではからだの細胞を老化させる活性酸素を増やさない為にも、抗酸化成分が多い食物を摂取してからだの細胞をサビさせないことが大切です。またサプリメントを利用することもできます。老眼は誰にでもおこる現象ですが、大切な眼の健康を守る為にも、規則正しい生活、食生活、睡眠をしっかりととることで眼の健康を守ることができます。

アントシアニンが眼精疲労に良いと言われている理由

アントシアニンとは天然色素のひとつです。黒みがかった、青紫色の色素ですので、なすびやブルーベリー、大豆などに穂ふうに含まれています。他の天然色素同様、非常に強い抗酸化力も持っているため、健康に対しても良い影響がある成分として知られています。そしてアントシアニンならではの特徴と言えば、眼精疲労の緩和に効果が期待できると言う点です。アントシアニンが眼精疲労に良いとされている理由は、以下の通りです。私たちが目で物を視る時には、非常に複雑な機能が働いています。具体的に言うと、まず目に入ってきた光が網膜と言う部分にあたります。すると網膜にあるロドプシンと呼ばれる成分が光に反応して分解されます。ロドプシンが分解されると電気信号が脳に伝わり、脳は目が視えると感じます。そこで初めて私たちは目で物を視ると言うことを行えていると言うわけです。さて、この際に大きな役割を果たしているロドプシンは分解されると再合成されます。しかし目を酷使していたり、あるいは年齢を重ねていくと、再合成されるまでに至る時間が長くなっていきます。そうなると物が視えていると言う信号を脳に出す物質が不足しているわけですから、当然、物を視ることに対して支障が発生しやすくなります。これがロドプシンの不足や、その再合成の遅さによった発生してる眼精疲労の正体です。ですからこれを解決するためには、ロドプシンの再合成を助けるような働きを持った成分を摂取する必要があります。そしてその成分のひとつとして、アントシアニンが挙げられます。アントシアニンが眼精疲労に良いと言われているのはこうした理由のためですが、実はこれ以外にももうひとつ、理由があります。それが先で説明した通り、アントシアニンの強い抗酸化力です。抗酸化力とは、紫外線を浴びることやストレスなどによって発生する活性酸素に対抗する力のことです。活性酸素は量が増え過ぎると細胞を傷つけ、機能低下を引き起こします。ですから目で活性酸素が増加すれば、それは眼精疲労の原因のひとつにもなり得ます。アントシアニンは抗酸化力によってこの原因にも働きかけるため、眼精疲労改善が期待できます。

眼精疲労に効果的な成分:ルティンのチカラ

現在の生活はパソコンやスマートフォンなどで目を使う機会が増えており、目の疲れ、視力の低下などで悩む人は多くなっています。
目の疲れをとるためには適度に目を休めることも大切です。目を閉じるだけでも疲労回復に役立ちますし、このほかにも、目を温める、ツボ押し、目のストレッチ、遠方を眺めるなども追い改善を期待することができます。

眼精疲労は慢性化しやすいこともありますので、疲労回復サプリなども活用して、目の疲れを抑えていきましょう。
眼精疲労回復サプリにも様々な成分が含まれていますので、購入する際はどのような成分が配合されているのか、どのような効果が期待できるのかもよく確認しておきたいところです。

目の疲れに良いとされる成分のひとつにルティンがあります。
ルティンはカロチノイドの一種となっており、植物ではマリーゴールドに多く含まれています。体内に吸収されるとその多くが網膜や水晶体に蓄積されるのも特徴的です。

強い抗酸化作用を持っており、水晶体や網膜の酸化を防いでくれます。目が衰えてしまう原因のひとつには紫外線などの有害な光もあげられますが、ルティンは紫外線などの刺激から網膜を守るのにも役立ってくれます。
そして青い光を吸収する働きもありますので、テレビやパソコン、ゲームなどをよく使用している人にもぴったりの成分です。

ルティンを食事から摂るのであれば、ケールやホウレンソウなどの緑黄色野菜が役立ってくれますが、毎日必要な量を摂取し続けるのは簡単ではありません。
その点、サプリメントであれば、一日数粒程度飲むだけで、毎日しっかりと成分を取り入れていくことができます。

ルティンを配合しているサプリメントは人気が高まっていることもあり、様々な種類がありますが、毎日飲むものだからこそ品質がよく安全性に優れたものを選ぶことが大事です。
そして含有量も商品ごとに違いがありますので、よく比較して選びましょう。ルティン以外にはどのような有効成分が配合されているかもチェックしておきたいところです。

目の疲れ、眼精疲労特集!眼精疲労とめまいの関係

目の疲れ、眼精疲労とめまいにはどういう関係があるのでしょうか。そもそも、めまいというのは大きく分けると二種類あることが分かっています。ひとつは、体全体がぐるぐると回っているような感じを受けるものです。その症状から、回転性眩暈と呼ばれています。これは、原因の多くは中耳にある三半規管です。人間は三半規管で体の平衡感覚を得て、自分がいままっすぐ立っているのかそれとも斜めに寝ているのかなどを感じ取っています。ところがここに何らかの異常があると、実際にはまっすぐ立っているのに傾いているように感じたり、あるいはその逆になったりします。地球の重力は三半規管の異常などお構いなしに常にただまっすぐ下に作用していますから、感覚と実際がずれてしまい、自分が何か回っているかのように感じるのです。
もう一つのめまいは、体全体がふわふわと宙に浮いているような感じを受けるものです。こちらもまたその症状から浮動性眩暈と呼ばれています。これは、三半規管とは関係がありません。原因の多くはよくわかっていないのですが、血圧の異常など、循環器系の異常があることが多いと言われています。
さて、では目の疲れ、眼精疲労によるめまいは何なのでしょうか。実は上の二つのどちらにも当てはまりません。これは厳密な意味でのめまいではないのですが、しかし目の疲れ、眼精疲労によって確かにそれと同じような症状を感じることがあるのは事実です。決して間違いではないのですが、上の二つの典型的な眩暈とは異なるものですので、めまい感というように呼ばれることもあります。
目の疲れ、眼精疲労により、目がチカチカしたり、物がはっきりと見えにくくなったりすることがあります。すると、その情報が脳に伝わったときに、実際にそこに何もないのか、それとも何かあるのにただよく見えていないだけなのかが分からず、脳が混乱してしまいます。これは少し三半規管の異常に似ています。感覚と実際がずれたのと同じようになり、めまい感を引き起こすのです。